合格体験記

ユーキャンで宅建合格した30代不動産会社女性事務の勉強法


30代女、不動産事務の職について10年になります。

年収が跳ね上がる宅建

不動産会社に事務として5年以上勤めていましたが、30歳になるのを機に何かを始めたい、どうせ始めるなら今の職でスキルアップのできるものが良いと感じていました。

そこで、不動産会社なので資格手当のつく宅建を受験することにしました。

いざというときのために手に職を、という思いもありましたし、宅建が国家資格であることも大きな理由でした。

今は様々な資格を取得していますが、国家資格に該当する資格はその当時取得しておらず特別な資格を手に入れたいと思っていました。

宅建は転職の際にも有利になりますし、何より自信に繋がる資格だと思います。

また資格手当は大抵月1万円~となっており年間で見ればかなりの所得増となります。会社によっては3万円のところもあります。

この資格だけで年収が12万~36万もアップするのは冷静に考えると宅建くらいではないでしょうか。

使ったのはユーキャンと過去問宅建塾1~3のみ

自分のペースで勉強でき、分からないところはユーキャンの先生に質問すれば答えてくれるところが自分には合っていると思いユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)通信講座 割引コースで約5カ月勉強し、最後の1カ月は過去問宅建塾という過去問題集に取り組みました。

独学やユーキャンの場合、挫折した時にサボってしまうのがデメリットです。私も半年の間に2週間ほど勉強していない時期がありました。

その間に職場で「女性はすぐに退職する」「腰掛けなら給料は少なくて良い」などという意見を耳にし、絶対に受かって見返したい、来年まで勉強を続けたくないと思い再度勉強するようになりました。

ユーキャンでは模試も行っており、自分がどれくらい出来ているのかを確認することもできました。

ただユーキャンのみではどうしても問題演習の問題数が少なく、別途過去問題集を買うことにしました。

かなりボリュームのある問題集を3冊、全部解くのはものすごく苦しかったですが、解き終えた時の達成感は本当に気持ちよかったです。

1問1問、ただ解くというよりは何故そうなるのかをじっくり考え、分からない部分はインターネットで検索し細かく調べて覚えました。

そのおかげでちょっとしたひっかけ問題には引っかからないようになり、自分で調べることによってちゃんと記憶に残っているのが実感できたので「なぜそうなるのか?」目線で問題を解くのをおすすめします。

何に時間を費やすか、自分なりの方法で調べられる、考えられるという面でユーキャンでの独学が自分には合っていました。
ユーキャンの通信講座のお申込みはこちら

半年間3~5時間の猛勉強

一日平均およそ3~5時間の勉強を半年間続けました。全く勉強ができない日もあればまとめて行うときもありました。

主に仕事から帰ってから寝るまでの時間に勉強していましたが、一日に何時間する、と決めていたというよりは

教材の1章分する、という風な勉強方法でした。なので1日さぼれば次の日に2章分、とスケジュールがずれることもありました。

半年の間に2週間ほど勉強していない時期がありましたが、その後から試験当日までは毎日5時間以上必ず勉強しました。

最初は机に向かうことが難しく、自信をなくしかけたりしましたが、後半は夜ウトウトしながらも決めたスケジュール通りに勉強が進められるようにしました。

特に試験前2カ月は、その時点でスケジュールが押すと参考書を勉強しきれなくなる可能性がありました。

確実に受かるには参考書を全て学び、その後過去問を何度もする必要があります。

最初に立てたスケジュール通りに勉強を進めるというのは難しいですが、試験までに残された時間が

限られているタイミングではスケジュール通りまたはスケジュールを前倒しで進めておく方が安心だと思います。

最後の1カ月は分厚い過去問題集3冊を解きました。

1問1問、何故そうするのか、何故そうなるのか、こういう場合はどうか、など答えの理屈を考えました。

宅建の出題範囲は広く、全てを丸暗記はお勧めしません。応用やひっかけに対応するには理屈を理解していれば思ったよりすんなりと解けていけるようになります。

また、分からないことがあればインターネットで検索すれば意外と答えやアドバイスが載っているものです。

その際に別のアドバイスやヒントを得る機会も多く、単に先生に教えてもらうというよりは自分で調べたほうが身に付きやすいように思います。

また、ネット上に過去問に挑戦できるシステムがありました。

たまに仕事中にそのサイトで挑戦していましたが、電車に乗っている間やちょっとした隙間時間にも勉強できるのでオススメです。

勉強中、挫折することはよくありました。特に先が見えてこない勉強を始めて3~4か月ごろが多かったように思います。

このまま勉強を進めて大丈夫か、本当に合格できるのかなど不安でした。教材全てを学び終え、模擬テストを行ったときにあまり成績が良くなく、ここでも挫折しそうでした。

ただ、過去問を何度も解いているうちに徐々に点が取れるようになり自信がついていき、もしかしたら受かるかもしれない。と思うようになりました。

しかしどうしても試験直前は不安でいっぱいです。全く知らない問題が出たらどうしよう、全く解けなかったらどうしよう。

半年間頑張ったんだから大丈夫、やるしかない。という気持ちで試験会場へ行ったのを覚えています。


試験本番~合格まで

予想以上に難しく、見たことのない形式の問題も出題され受験後はかなり落ち込みました。

受験前はもしかしたら合格できるかも、と思っていましたが受験後は、解答が発表されるまで不合格だろうと諦めていました。

でも自己採点後、確実に合格できる点数を取れていると分かり飛び上がって喜びました。

合格後は資格手当も付くので必然的に所得は増えますし、国家資格を持っているという自信にもつながります。

これから受験される方は絶対に受かりたい、という気持ちを燃やし続けて頑張ってほしいと思います。





宅建おすすめ教材

宅建おすすめ教材

受講者の宅建合格率は、なんと全国平均合格率の4.21倍!
不合格なら受講料全額返金!
フルカラーテキストは点が取れるよう、重要項目のデザインや色合いが考え抜かれて作成されているので、これだけやり込めば早いスピードで合格レベルに到達できます。

Studing

宅建

スキマ時間でちょっとずつ勉強するなら最もおすすめなのがスタディング。スマホ、タブレット、PCどこからでも勉強ができるので、意気込んで机に向かわなくても「すっっと」勉強に入ることができ、継続して宅建学習をすることで知識を上積みすることができます。
受講費用も他より安くて経済的

アガルート

アガルートアカデミー

何度も質問ができるので、分からない箇所で悩むことがなくストレスゼロで勉強が進められます。また合格すれば受講料全額返金制度があるので合格さえすれば実質無料で宅建が取れます。短期集中タイプの人におすすめ。

-合格体験記

Copyright© 宅建士合格hub , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.