試験分析

宅建合格に必要な勉強時間は?勉強時間より大切なことは?宅建の難易度について

資格試験を受けようと思うと真っ先に調べたくなること。
それが合格までの平均学習時間ではないでしょうか?




私もこれまで様々な資格を取りました(落ちたりもしました)が、やはりどの資格も勉強前に学習時間を検索しました。
もちろん個人のこれまでの知識や経験によって時間はまちまちですが、一応の目安は知りたくなりますよね。
目安が分かればどれくらいのペースで勉強するべきか学習プランを立てやすいので、知っておいて損はないです。

そこで、今日は様々なサイトで調べた宅建士合格までに必要な学習時間をご紹介したいと思います。

あっけなく答えを言うと宅建士合格に必要な勉強時間は100~400時間と紹介されています。

調べてみると、2つのグループに分けられます。

合格者のビッグデータに乗れ!【資格スクエア】の学習システム!

メモ

  • 100~300時間未満で合格できる
  • 300~400時間は勉強しないと合格できない

それぞれの言い分を見てみましょう。

 

300~400時間派

300~400時間と言っている人は、「ゼロから始める人」を想定しています。これまで民法という言葉を見たことも聞いたこともない人です。
資格予備校のTACも400時間の確保をうたっています。毎日2時間くらいの勉強で6ヶ月間必要になります。

おっさん
スキマ時間を有効活用して、空いた時間は全部宅建の勉強に費やしました。400時間という勉強時間が自信につながりました。
うすいおっさん
過去問もほぼ覚えてしまって、もう余裕でした。資格予備校の講義で200時間+自習で200時間の400時間はやはり必要ですね。

100時間~300時間派

300時間未満で合格した人を見てみると、試験日が近づいてから短期集中で詰め込んだという方が多かったです。
一夜漬けとはいいませんが、一度勉強したところをしっかりを解答力につなげているという印象です。
平日2時間、土日8時間の勉強でも1ヶ月で100時間になります。
市販のテキスト1冊(5~600ページ)のみの試験範囲なので妥当ではないでしょうか?600ページと言ってもイラストや余白が沢山あるので実質100ページ程です。

女子
300時間なんて時間の掛けすぎ、100時間の勉強で十分
重要なのは暗記方法。半年以上かけて勉強する人は初期の頃に学んだ内容を覚えていないだけでしょ?
男子
流石に300時間必要という人は上手く勉強の計画を立てれて無いんじゃないかなぁ?1日3時間を100日も必要な試験範囲ではないよ。同じところを記憶に定着させずに2度3度時間をかけているんじゃない?

学習時間より大切なこと

ここまでいかかでしょうか?ネット上には本当にたくさん勉強時間について書いてあります。やっぱり、みんな平均の学習時間は気になりますよね。
しかし、人それぞれなので正確に〇〇時間すれば受かるというものではありません。というかそもそも何時間勉強したかって測っている人いるのですかね?

1つ確かなのは、司法試験の6000時間や不動産鑑定士の2000時間ほど時間が必要なものではないということです。(これらも目安ですが。)
ほんの2、300時間です。
私、個人的には200時間もあれば十分だと思います。
しかし、それには条件があります。学習時間よりも大事にすべきこと。それは

  • 主体的に勉強する
  • 忘れる前に復習する
  • 配点が高い重要な科目に力を入れる

主体的に勉強する

むかし怖い先生の授業内容はすぐ覚えられたけど、優しい先生の授業内容は全然覚えられなかったことはありませんか?
その時は”主体的”ではなかったかも知れませんが、必死に一度で覚えようとしたはずです。そしてこれがとても重要です。

忘れる前に復習する

エビングハウスの忘却曲線というものがあります。

エビングハウスの忘却曲線を利用した超効率的復習法!

図のように人は一度覚えても20分経てば42%は忘れてしまうと言われています。1ヶ月もすると「一度は覚えた」ということすら思い出せなくなってしまします。
これが400時間組の方に多いのではないでしょうか?
一度覚えたところを忘れる前に復習することは新しいことを覚えるよりも重要であり、合格まで時間短縮するポイントになります。

配点が高い重要な科目に力を入れる

宅建で言うと宅建業法民法です。
特に民法は難しいので、法令上の制限や、その他の分野を先に勉強したくなるかも知れませんが、
配点が低く簡単な科目を勉強しても合格までの勉強時間がどんどん増えるだけです。
逃げたい気持ちを抑え、合格のカギになる科目を重点的に勉強しましょう!

まとめ

どれくらい勉強すれば合格できるのか?
みんな気になるところですが、試験は結局点数を取れたかどうかです。
残念ながら「〇〇時間頑張ったのに!」は一切無視されてしまいます。
逆に工夫と集中をして勉強をすれば案外短期間で合格出来るものです。
主体的に学び、こまめに復習をして、配点の大きい科目をしっかり理解するこれだけでかなりの時間短縮ができます。
中途半端に勉強をしてもう1年苦しい思いをするなら、試験日当日まで粘って勉強しましょう!





宅建おすすめ教材

宅建おすすめ教材

受講者の宅建合格率は、なんと全国平均合格率の4.21倍!
不合格なら受講料全額返金!
フルカラーテキストは点が取れるよう、重要項目のデザインや色合いが考え抜かれて作成されているので、これだけやり込めば早いスピードで合格レベルに到達できます。

Studing

宅建

スキマ時間でちょっとずつ勉強するなら最もおすすめなのがスタディング。スマホ、タブレット、PCどこからでも勉強ができるので、意気込んで机に向かわなくても「すっっと」勉強に入ることができ、継続して宅建学習をすることで知識を上積みすることができます。
受講費用も他より安くて経済的

アガルート

アガルートアカデミー

何度も質問ができるので、分からない箇所で悩むことがなくストレスゼロで勉強が進められます。また合格すれば受講料全額返金制度があるので合格さえすれば実質無料で宅建が取れます。短期集中タイプの人におすすめ。

-試験分析

Copyright© 宅建士合格hub , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.